「人生でほんとうに大切なこと」稲垣麻由美著

公開日:  更新日:

 現在、日本では3人に1人ががんでなくなっているが、死への恐怖と対峙(たいじ)するがん患者の心のケアを行うのが「精神腫瘍医」である。国立がん研究センター中央病院で精神腫瘍医を務めるのが清水研医師だ。

 11歳で小児がんを発症した小宮聖斗は大学も2年で中退せざるを得なかった。ベッドの上で膝を抱え体を丸めていた聖斗に声をかけると、「暗くなると後ろからゾワーッとした感覚がやってきて、暗い穴に引っ張られて落ちていくようで眠れない」と言う。既に亡くなった一緒に治療していた友人のことを考えると怖いと。だが、死の漠然としたイメージを清水に話せたことで聖斗は落ち着きを取り戻す。精神腫瘍医の活動を紹介。

 (KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る