「人生でほんとうに大切なこと」稲垣麻由美著

公開日: 更新日:

 現在、日本では3人に1人ががんでなくなっているが、死への恐怖と対峙(たいじ)するがん患者の心のケアを行うのが「精神腫瘍医」である。国立がん研究センター中央病院で精神腫瘍医を務めるのが清水研医師だ。

 11歳で小児がんを発症した小宮聖斗は大学も2年で中退せざるを得なかった。ベッドの上で膝を抱え体を丸めていた聖斗に声をかけると、「暗くなると後ろからゾワーッとした感覚がやってきて、暗い穴に引っ張られて落ちていくようで眠れない」と言う。既に亡くなった一緒に治療していた友人のことを考えると怖いと。だが、死の漠然としたイメージを清水に話せたことで聖斗は落ち着きを取り戻す。精神腫瘍医の活動を紹介。

 (KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る

人気キーワード