「人生でほんとうに大切なこと」稲垣麻由美著

公開日: 更新日:

 現在、日本では3人に1人ががんでなくなっているが、死への恐怖と対峙(たいじ)するがん患者の心のケアを行うのが「精神腫瘍医」である。国立がん研究センター中央病院で精神腫瘍医を務めるのが清水研医師だ。

 11歳で小児がんを発症した小宮聖斗は大学も2年で中退せざるを得なかった。ベッドの上で膝を抱え体を丸めていた聖斗に声をかけると、「暗くなると後ろからゾワーッとした感覚がやってきて、暗い穴に引っ張られて落ちていくようで眠れない」と言う。既に亡くなった一緒に治療していた友人のことを考えると怖いと。だが、死の漠然としたイメージを清水に話せたことで聖斗は落ち着きを取り戻す。精神腫瘍医の活動を紹介。

 (KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る