「歪んだレンズ」宮城啓著

公開日:

 亡き父から社員10人足らずのマツオ製作所を引き継いだ松尾亘は、銀行の融資を受けられずに苦しんでいた。追い詰められて、昔の同僚が紹介してくれたメディカルファンドに声をかけたら、「あなたに投資するんです」と5000万円融資してくれた。

 ところが取締役会で、ファンドから派遣された副島と小沢は、電動車椅子の開発は承認するが、赤字の金属加工はやめて、工員は全員解雇しろと言い出した。抵抗する亘に2人は社長解任を言い渡す。数カ月後、亘は妹の和美から、マツオ製作所がファンドから大手カメラメーカーのプロビデンス社に売却されたことを聞く。

 大手企業の粉飾決算を描く企業小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る