「歪んだレンズ」宮城啓著

公開日:

 亡き父から社員10人足らずのマツオ製作所を引き継いだ松尾亘は、銀行の融資を受けられずに苦しんでいた。追い詰められて、昔の同僚が紹介してくれたメディカルファンドに声をかけたら、「あなたに投資するんです」と5000万円融資してくれた。

 ところが取締役会で、ファンドから派遣された副島と小沢は、電動車椅子の開発は承認するが、赤字の金属加工はやめて、工員は全員解雇しろと言い出した。抵抗する亘に2人は社長解任を言い渡す。数カ月後、亘は妹の和美から、マツオ製作所がファンドから大手カメラメーカーのプロビデンス社に売却されたことを聞く。

 大手企業の粉飾決算を描く企業小説。

(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る