「銀行員が消える日」山田厚史著

公開日:

 かつては、顧客を切り捨てるのではなく、経営難の顧客を再生させて共に危機を乗り越えようとする銀行員がいた。だが、現在は様変わりしている。銀行員は高給取りの代名詞だったのに、バブル崩壊後の10年で給与は大幅に下げられ、銀行の統廃合も進んだ。都銀や信託銀行などの境界線がなくなって、窓口で投資信託や株、生命保険、損害保険まで扱えるようになり、銀行員に求められる資質が変わってきた。

 住宅ローンなどのリテール部門の収益の比重が大きくなり、支店ごとに販売目標が設置されるようになる。手数料収入を稼ぐために顧客に同じような金融商品を勧める「回転売買」が横行するようになった。  

 リストラが進む銀行員の実態をえぐる取材秘話。

(宝島社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る