「リストラ日和」汐見薫著

公開日:  更新日:

 大手銀行名古屋支店で営業部長を務める森山は、支店長の横島から、子会社への転出を命じられる。大阪支店時代から横島に仕えてきた森山には青天の霹靂だった。人事に逆らうことが出来ず、子会社のレジャー施設で働き始めたが、銀行員時代のプライドが捨てられず、辞めてしまう。

 そして、社会保険労務士の資格試験の勉強を始めた森山に、東京地検から呼び出しがかかる。地検に出向くと、検事の江口から大阪支店で扱った債権回収の案件について根掘り葉掘り質問される。質問の内容から森山は、検察が横領の疑いで横島の身辺を調べているのではないかと気づく。そんな中、森山は銀行員時代の顧客から告訴されてしまうのだった。

 リストラされた中年男を主人公に描く心に染みる長編小説。

(角川春樹事務所 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る