「リストラ日和」汐見薫著

公開日:  更新日:

 大手銀行名古屋支店で営業部長を務める森山は、支店長の横島から、子会社への転出を命じられる。大阪支店時代から横島に仕えてきた森山には青天の霹靂だった。人事に逆らうことが出来ず、子会社のレジャー施設で働き始めたが、銀行員時代のプライドが捨てられず、辞めてしまう。

 そして、社会保険労務士の資格試験の勉強を始めた森山に、東京地検から呼び出しがかかる。地検に出向くと、検事の江口から大阪支店で扱った債権回収の案件について根掘り葉掘り質問される。質問の内容から森山は、検察が横領の疑いで横島の身辺を調べているのではないかと気づく。そんな中、森山は銀行員時代の顧客から告訴されてしまうのだった。

 リストラされた中年男を主人公に描く心に染みる長編小説。

(角川春樹事務所 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る