「リストラ日和」汐見薫著

公開日: 更新日:

 大手銀行名古屋支店で営業部長を務める森山は、支店長の横島から、子会社への転出を命じられる。大阪支店時代から横島に仕えてきた森山には青天の霹靂だった。人事に逆らうことが出来ず、子会社のレジャー施設で働き始めたが、銀行員時代のプライドが捨てられず、辞めてしまう。

 そして、社会保険労務士の資格試験の勉強を始めた森山に、東京地検から呼び出しがかかる。地検に出向くと、検事の江口から大阪支店で扱った債権回収の案件について根掘り葉掘り質問される。質問の内容から森山は、検察が横領の疑いで横島の身辺を調べているのではないかと気づく。そんな中、森山は銀行員時代の顧客から告訴されてしまうのだった。

 リストラされた中年男を主人公に描く心に染みる長編小説。

(角川春樹事務所 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る