「発現」阿部智里著

公開日: 更新日:

 物語は、大学に通う村岡さつきのところに兄(大樹)の娘のあやねが姿を現すところから始まる。幼いあやねに突然訪ねてきた理由を尋ねると、どうやら兄と義理の姉の間に何かがあったらしい。義理の姉によれば、兄の様子がおかしいという。

 さつきの兄は現実には見えないものが見えると訴え、統合失調症かもしれないと内緒で病院に通っていたのだ。

 やつれた大樹を見たさつきは、かつて突然狂ったようになって自殺した母親を思い出す。母親の自殺は村岡家にとっては触れたくないタブーな出来事だったのだが、兄がかつての母親のように見えたのだ。

 実家に戻ってきた兄と入れ違いに兄の家であやねの面倒を見るようになったさつきは、次第に自分も現実とは思えない恐ろしいものが見えてしまうことに気づき始める……。

 2012年「烏に単は似合わない」で松本清張賞を受賞し、以降「八咫烏シリーズ」で累計100万部を突破した人気作家による最新作。平成と昭和の2つの時代に起きた不思議な事件を行き来しながら、兄の混乱をきっかけに主人公のさつきが恐怖の真相を突き止めていく様子を描いている。

(NHK出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る