「発現」阿部智里著

公開日: 更新日:

 物語は、大学に通う村岡さつきのところに兄(大樹)の娘のあやねが姿を現すところから始まる。幼いあやねに突然訪ねてきた理由を尋ねると、どうやら兄と義理の姉の間に何かがあったらしい。義理の姉によれば、兄の様子がおかしいという。

 さつきの兄は現実には見えないものが見えると訴え、統合失調症かもしれないと内緒で病院に通っていたのだ。

 やつれた大樹を見たさつきは、かつて突然狂ったようになって自殺した母親を思い出す。母親の自殺は村岡家にとっては触れたくないタブーな出来事だったのだが、兄がかつての母親のように見えたのだ。

 実家に戻ってきた兄と入れ違いに兄の家であやねの面倒を見るようになったさつきは、次第に自分も現実とは思えない恐ろしいものが見えてしまうことに気づき始める……。

 2012年「烏に単は似合わない」で松本清張賞を受賞し、以降「八咫烏シリーズ」で累計100万部を突破した人気作家による最新作。平成と昭和の2つの時代に起きた不思議な事件を行き来しながら、兄の混乱をきっかけに主人公のさつきが恐怖の真相を突き止めていく様子を描いている。

(NHK出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る