北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天地に燦たり」川越宗一著

公開日: 更新日:

 豊臣秀吉の朝鮮出兵は、これまで数多くの作品で描かれてきた。最近では、飯嶋和一著「星夜航行」もこの朝鮮出兵を描いている。本書は、第25回松本清張賞の受賞作だが、新人賞の応募作であることを考えれば、そのように数多くの作家が描いてきた題材を選ぶとは大胆だ。普通なら先達が見逃してきた題材を選ぶもので、よほど自信がなければできるものではない。と思って期待して読み始めたが、なるほどと納得。たしかにうまい。

 島津の久高、朝鮮の明鐘、琉球の真市――この3者の視点で描くのである。この趣向が際立っている。なぜなら、攻める者もいれば、攻められる者もいるからだ。両方を描いてこそ、戦争の実態が浮かび上がる。

 さらに本書を特異なものにしているのは、琉球の真市の存在だろう。琉球国の商人であると同時に密偵、と明かして久高に接近する真市は、「琉球人はみなそうなのか」と久高に問われて、こんなバカな真似をするのは私くらいです。でもみな同じ気概を持っておりますと言う。気概? なおも問う久高に、マクトゥソーケー、ナンクルナイサ、と真市は答える。これは、誠を尽くせばなんとかなる、という意味だ。

 朝鮮出兵をシリアスに描きながらも、この真市のやわらかさが物語に奥行きをつくっている点は見逃せない。さらには、気品ある文体と的確な描写も特筆もの。久高が光の中を進んでいくラストも鮮やかだ。 (文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る