北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「天地に燦たり」川越宗一著

公開日:

 豊臣秀吉の朝鮮出兵は、これまで数多くの作品で描かれてきた。最近では、飯嶋和一著「星夜航行」もこの朝鮮出兵を描いている。本書は、第25回松本清張賞の受賞作だが、新人賞の応募作であることを考えれば、そのように数多くの作家が描いてきた題材を選ぶとは大胆だ。普通なら先達が見逃してきた題材を選ぶもので、よほど自信がなければできるものではない。と思って期待して読み始めたが、なるほどと納得。たしかにうまい。

 島津の久高、朝鮮の明鐘、琉球の真市――この3者の視点で描くのである。この趣向が際立っている。なぜなら、攻める者もいれば、攻められる者もいるからだ。両方を描いてこそ、戦争の実態が浮かび上がる。

 さらに本書を特異なものにしているのは、琉球の真市の存在だろう。琉球国の商人であると同時に密偵、と明かして久高に接近する真市は、「琉球人はみなそうなのか」と久高に問われて、こんなバカな真似をするのは私くらいです。でもみな同じ気概を持っておりますと言う。気概? なおも問う久高に、マクトゥソーケー、ナンクルナイサ、と真市は答える。これは、誠を尽くせばなんとかなる、という意味だ。

 朝鮮出兵をシリアスに描きながらも、この真市のやわらかさが物語に奥行きをつくっている点は見逃せない。さらには、気品ある文体と的確な描写も特筆もの。久高が光の中を進んでいくラストも鮮やかだ。 (文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る