「明治銀座異変」滝沢志郎著

公開日: 更新日:

 明治16年、銀座の煉瓦街を走っていた鉄道馬車の御者が、何者かに狙撃される事件が起こった。

 事務所で銃声を聞いた開化日報社の記者・片桐栄一郎は、スクープ狙いで慌てて馬車を追いかけた。片桐の下で探訪員の見習いをしている加藤直が、暴走していた馬車のブレーキを引き、なんとか馬車を止めたが、御者は意識喪失。看護の心得のある英語を話す乗客の女が救急手当てを施して病院に搬送したものの、「青い目の子……」という謎の言葉を残して、結局御者は息を引き取った。片桐と直はその言葉の真相を調べるうち、外国人と攘夷派の武士との間のいざこざが多かった大政奉還の前年に、ある外国人が何者かに殺された事件に突き当たるのだが……。

 去年「明治乙女物語」で第24回松本清張賞を受賞してデビューした注目の新人作家による、本格歴史ミステリー。幕末から明治にかけての世相を織り込みながら、思いもかけない過去の歴史が明らかになるストーリーに引き込まれる。

(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る