「明治銀座異変」滝沢志郎著

公開日: 更新日:

 明治16年、銀座の煉瓦街を走っていた鉄道馬車の御者が、何者かに狙撃される事件が起こった。

 事務所で銃声を聞いた開化日報社の記者・片桐栄一郎は、スクープ狙いで慌てて馬車を追いかけた。片桐の下で探訪員の見習いをしている加藤直が、暴走していた馬車のブレーキを引き、なんとか馬車を止めたが、御者は意識喪失。看護の心得のある英語を話す乗客の女が救急手当てを施して病院に搬送したものの、「青い目の子……」という謎の言葉を残して、結局御者は息を引き取った。片桐と直はその言葉の真相を調べるうち、外国人と攘夷派の武士との間のいざこざが多かった大政奉還の前年に、ある外国人が何者かに殺された事件に突き当たるのだが……。

 去年「明治乙女物語」で第24回松本清張賞を受賞してデビューした注目の新人作家による、本格歴史ミステリー。幕末から明治にかけての世相を織り込みながら、思いもかけない過去の歴史が明らかになるストーリーに引き込まれる。

(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る