• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「玉依姫」阿部智里著

 主人公は、両親を交通事故で亡くして、祖母と暮らしている高校生の葛野志帆。そんな志帆の元にある日突然、伯父を名乗る男が現れる。伯父が10歳のとき、祖母は志帆の母の由美子だけを連れて山内村を飛び出したというのだ。

 祖母に真偽を確かめるものの、祖母は伯父の言うことを聞いてはいけないと繰り返すばかり。せめて祖父の墓参りに来てほしいという伯父の願いを聞き入れ、志帆は祖母に内緒で山内村に向かう。村人の猛烈な歓迎に戸惑う志帆は、ようやく自分が恐ろしい儀式に巻き込まれたことに気づき、逃げようとするのだが……。

 本書は、「烏に単は似合わない」「烏は主を選ばない」「黄金の烏」「空棺の烏」に続く大人気「八咫烏」シリーズ最新刊。本作では山内村で繰り広げられる怪物の攻防に女子高校生が巻き込まれ、その異界の謎の一端が明かされる。史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞しデビューした、著者独自の和風ファンタジーの世界が楽しめる。(文藝春秋 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る