「キャッツ・アイ」R・オースティン・フリーマン著、渕上痩平訳

公開日: 更新日:

 弁護士のアンスティは、帰宅途中に不審な人物を見かける。直後に女性の叫び声を聞いて駆けつけると男と女がもみ合っていた。アンスティは、逃げ出した男を追いかけるが見失ってしまう。

 女性によると男に知人を殺されたという。現場に行くと、被害者は大法官庁裁判所の弁護士・ローレンスの兄・アンドリューだった。ブレイクと名乗った女性は、雑誌で見かけたアンドリューの宝石のコレクションを見学にきたという。賊はコレクションのキャッツ・アイの指輪などを持ち去ったが、どれも高価なものではなかった。アンスティは、警察を信用しないローレンス卿から事件の究明を依頼された法医学者のソーンダイクとともに捜査に着手する。

 20世紀初頭に発表された英国の長編本格推理。 (筑摩書房 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る