「クリスマス・プディングの冒険」アガサ・クリスティー著、橋本福夫・他訳

公開日: 更新日:

 晩年のアガサ・クリスティーは毎年クリスマスに合わせて新刊を出した。クリスティー・ファンは年末にクリスティーの新刊を読むのが恒例行事になっていた。本書はクリスティー自らが料理長となって、とっておきのクリスマスのごちそう(短編)を供するという仕立ての短編集。ポアロに加えてミス・マープルも登場し、年末に読むクリスティーにはうってつけ。

【あらすじ】ある国の王子がロンドンでご乱行の揚げ句、王家に代々伝わるルビーを遊び相手の女性に持ち逃げされてしまった。しかも王子には婚約者がいた。

 スキャンダルにならないうちにこの事件を解決してほしいと頼まれたエルキュール・ポアロは、ルビーを持っている女性が潜んでいるという邸宅のクリスマスパーティーに潜入することに。しかし、そこにはポアロが名探偵であると聞いて、いたずらを仕掛けてやろうとする若者たちが待ち受けていた。

 クリスマス当日、メインのプディングが出てきた。人数分に切り分けられ、その中に何が入っているかで運命を占うのだが、その中のひとつに赤い石が入っていた。そしてその夜、誰かが殺されたらしいと若者の一人がポアロの元に駆け込んできた……。

 王子の苦境を救うと同時に、若者たちを逆に手玉に取ってみせるポアロの灰色の頭脳が見事に活躍する表題作。「二十四羽の黒つぐみ」も料理がテーマの好短編。毎週決まった曜日に同じ料理を注文していた料理店の常連が、ある日いつもと違った料理を注文した。そこに不審のにおいを嗅ぎ取ったポアロはその謎の解明に乗り出していく……。

【読みどころ】ポアロの名推理と英国風の「あっさりしてごてごてしない」料理のコラボレーションが独自な味わいを生み出している。 <石>

(早川書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る