「クリスマス・プディングの冒険」アガサ・クリスティー著、橋本福夫・他訳

公開日: 更新日:

 晩年のアガサ・クリスティーは毎年クリスマスに合わせて新刊を出した。クリスティー・ファンは年末にクリスティーの新刊を読むのが恒例行事になっていた。本書はクリスティー自らが料理長となって、とっておきのクリスマスのごちそう(短編)を供するという仕立ての短編集。ポアロに加えてミス・マープルも登場し、年末に読むクリスティーにはうってつけ。

【あらすじ】ある国の王子がロンドンでご乱行の揚げ句、王家に代々伝わるルビーを遊び相手の女性に持ち逃げされてしまった。しかも王子には婚約者がいた。

 スキャンダルにならないうちにこの事件を解決してほしいと頼まれたエルキュール・ポアロは、ルビーを持っている女性が潜んでいるという邸宅のクリスマスパーティーに潜入することに。しかし、そこにはポアロが名探偵であると聞いて、いたずらを仕掛けてやろうとする若者たちが待ち受けていた。

 クリスマス当日、メインのプディングが出てきた。人数分に切り分けられ、その中に何が入っているかで運命を占うのだが、その中のひとつに赤い石が入っていた。そしてその夜、誰かが殺されたらしいと若者の一人がポアロの元に駆け込んできた……。

 王子の苦境を救うと同時に、若者たちを逆に手玉に取ってみせるポアロの灰色の頭脳が見事に活躍する表題作。「二十四羽の黒つぐみ」も料理がテーマの好短編。毎週決まった曜日に同じ料理を注文していた料理店の常連が、ある日いつもと違った料理を注文した。そこに不審のにおいを嗅ぎ取ったポアロはその謎の解明に乗り出していく……。

【読みどころ】ポアロの名推理と英国風の「あっさりしてごてごてしない」料理のコラボレーションが独自な味わいを生み出している。 <石>

(早川書房 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る

人気キーワード