北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「死に山」ドニー・アイカー著安原和見訳

公開日: 更新日:

 世界一不気味な遭難事故〔ディアトロフ峠事件の真相〕、という副題のついたノンフィクションである。

 60年経ってなお謎とされてきた1959年のウラル山脈で起きた遭難事故を、アメリカのドキュメンタリー映画作家が調査するかたちで本書は始まっていく。とにかく異様な遭難事故だ。9人の若者が、無残な死にざまで発見されたのだが、どうして彼らが死んだのか、その原因がわからないのだ。氷点下であるのに全員が衣服をろくにつけず、靴をはかず、テントの外でなぜ死んでいたのか。頭蓋骨骨折が3人、女性メンバーの1人は舌を喪失、遺体の着衣からは放射線が検出。熊に襲われたのか、政府の極秘実験の被害となったのか、宇宙人なのか。どんな推理を持ってきてもすべての死を説明できない。

 彼らの旅はトレッキング第3級の資格を得るためのもので、その資格を持てば「スポーツマスター」として人を指導することができる。そのために、服装をはじめ、さまざまな規則を守ってトレッキングしていることを証明するために写真を撮る必要があった。本書にたくさんの写真が収められているのはそのためである。遭難に遭う直前まで、元気に、時には笑顔でトレッキングしている彼らの姿はとてもリアルだ。

 ノンフィクションではあるけれど、ミステリーを読むようにスリリングで、合理的な真相にたどりつくラストは圧巻。

 (河出書房新社 2350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る