「おっぱいマンション改修争議」原田ひ香著

公開日: 更新日:

 都内の一等地にある、今は亡き天才建築家小宮山吾朗が設計したマンションの改修計画が持ち上がった。1960年ごろから70年代にはやったメタボリズムを象徴する「細胞」を積み上げたような建物で、最上階だけ、2つの「細胞」が円すい形で横に並んで突き出ていて、まるで女性のバストのようだと、「おっぱいマンション」と呼ばれていた。この一種の歴史的建造物を残せという声がある一方で、当時、夢の素材とまでいわれたアスベストが多用され、デザイン優先のため雨どいがなく、湿気に悩まされるという重大な欠陥を抱えていた。

 本書は、その建築家の娘、学生運動あがりの引退した教師、元女優ら、マンションの住民たちの人生を巻き込んだ改修争議の顛末を描く小説。果たして住民会議での結論はいかに。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

もっと見る