「おっぱいマンション改修争議」原田ひ香著

公開日: 更新日:

 都内の一等地にある、今は亡き天才建築家小宮山吾朗が設計したマンションの改修計画が持ち上がった。1960年ごろから70年代にはやったメタボリズムを象徴する「細胞」を積み上げたような建物で、最上階だけ、2つの「細胞」が円すい形で横に並んで突き出ていて、まるで女性のバストのようだと、「おっぱいマンション」と呼ばれていた。この一種の歴史的建造物を残せという声がある一方で、当時、夢の素材とまでいわれたアスベストが多用され、デザイン優先のため雨どいがなく、湿気に悩まされるという重大な欠陥を抱えていた。

 本書は、その建築家の娘、学生運動あがりの引退した教師、元女優ら、マンションの住民たちの人生を巻き込んだ改修争議の顛末を描く小説。果たして住民会議での結論はいかに。

(新潮社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る