「三人屋」原田ひ香著

公開日: 更新日:

 会社員の俊生は、通勤途中、駅前商店街の閉店した喫茶店が再開したことに気づく。モーニングの看板を出していた女性につられて店に入ると、意外にも客でいっぱいだった。確かに手作りのパンやジャムもおいしいが、何よりも店主の「あさひ」が魅力的だった。

 彼女を目当てに店に通うようになったある日、朝帰りして午後から出社することにした俊生は、コーヒーを飲みに立ち寄る。しかし、あさひの姿はなく、店も讃岐うどんの店になっていた。店で顔なじみになった大輔によると、あの店は3人姉妹が朝は喫茶店、昼はうどん屋、そして夜はスナックとして、それぞれが営業しており、「三人屋」と呼ばれていると教えてくれる。

 訳あり3姉妹が営む店を舞台に描く連作短編集。(実業之日本社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る