「マーベル映画究極批評」てらさわホーク著

公開日: 更新日:

 マーベル映画「アイアンマン」の原作のコミックスではベトナム戦争が舞台になっているが、映画では、それが現代のアフガニスタンに置き換えられている。同じヒーローものでも、キャプテン・アメリカは舞台が第2次世界大戦に固定されているが、アイアンマン映画は時代に応じて後ろ倒しにアップデートされてきた。

 映画もコミックスもベトナム戦争、湾岸戦争、中東での対テロ戦争と背景を変えるだけで、アップデートは完了する。アイアンマンは常に戦争から生まれるが、アメリカは戦争という題材には事欠かないことに気づいて、著者は慄然とする。

「アベンジャーズ」などのヒーロー映画を作り続けるマーベル映画を読み解く。

(イースト・プレス 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る

人気キーワード