「Believe」苦戦は木村拓哉だけのせい? “視聴率男”に重なったオンエア前の不運の数々

公開日: 更新日:

 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)への逆風が続いている。初回に世帯平均11%台で好発進した視聴率は、第3話で9%台まで下落。16日放送の第4話も1桁にとどまった。この低調傾向について16日配信の「Smart FLASH」は「設定の粗さだけじゃない、いまいちハマれない2つの理由」という記事で、“崩落事故の真相”というテーマ選びのマズさとマンネリな展開を指摘していた。一方、同日配信された「デイリー新潮」は、ドラマでの刑務所シーンの描き方のずさんさを、元受刑者の言葉として紹介。確かに、刑務所での髪形は丸刈りが基本で、木村が演じる大手ゼネコンの土木設計部長みたいな髪形をした受刑者はいない。

「こうしたドラマの演出や脚本の粗さを指摘する記事に加え、お笑いコンビ霜降り明星粗品が自身のユーチューブチャンネルで2度にわたり、木村に挨拶を無視されたことを暴露するなど、ネガティブな話題が続いています。公称176センチとされている身長サバ読み疑惑もあちこちで取り上げられています」(芸能関係者)

 さらに、撮影現場周辺に集まった若者の集団に木村が注意をしたという話も報じられるなど、“視聴率男”のイラ立ちが伝わってくる。それもそのはず。木村としても想定外の不運が重なってしまったためだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」