1億円稼ぐ「COO代行」業で成功するコツ あえて経営難の中小企業を支援

公開日: 更新日:

信國大輔さん(株式会社びりかん)

 COO代行という独自の職業で年商1億円以上を稼ぐ信國大輔さん。独立までの道のりを聞いた。

「大学卒業後、地方のシステム会社の営業マンとして働き始めたんですが、それなりに実績は出せたもののキャリアの頭打ち感があり、このままではまずいと危機感を抱きました。そこで転職したのが、当時球団買収などで世間を騒がせていたライブドアです。そこで奮起し、斬新な企画を打ち出してセミナー事業で成果を上げ、独立のきっかけをつかみました」

 とはいえ、独立後はすぐに軌道に乗ったわけではない。

「当時は何でも屋的な仕事ばかりで、自分の強みがわからない状態でした。ある時、経営コンサルから勝ち馬に乗るのが大事だと言われたんです。つまり、有望な企業の支援に特化しろというアドバイス。でも私は負け戦を勝たせるのが面白いと反論したんです」

 その言葉の裏にあったのは、自身の原体験だった。裕福とは言えない家庭で育ち、いじめにもあった。それでも周囲に支えられ、努力を重ねて大学に進学した。

「下克上の物語に心が震えるんです。だから経営が苦しい中小企業にこそ、可能性を感じたんですよね。トップの本気度を引き出し、社員のベクトルを一つにまとめる。そこに自分の腕の見せどころがあると思いました」

 その思いを胸に、改めて経営難の中小企業支援に乗り出した。COO代行と名乗り始めたのもこの頃だという。しかし、そこで待っていたのは、理不尽とも思える現実だった。

「最初の頃は何を言っても社長は聞く耳を持たず、現場は不満を募らせるばかり。組織がバラバラで、このままでは会社が持たないと感じる日々の連続でした。それでも、負け戦を勝たせるには、徹底したコミュニケーションとともに戦う覚悟が不可欠。私は大好きな少年漫画の主人公になったつもりで、社長にも社員にも本気で向き合いました。この姿勢を貫いたことが、信頼を得るポイントだったと思います」

 その甲斐あって、担当企業は次々と業績アップ。中には倒産寸前だった会社がV字回復を遂げるケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ