井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

公開日: 更新日:

 自身がMCを務める情報番組で、たびたび口を滑らせて炎上している谷原章介(51)。ワンプレーごとに状況が変わるスポーツにも似た情報番組で仕切り役をやっていて、集中のあまり頭に浮かんだことがうっかり口をついてしまうのは仕方がなく、諭すぐらいでいいのではないか。

 直近でワードチョイスが批判の矛先となったのが長渕剛(67)。今年1月から2月にかけて公開されたネット番組に出演したのだが、直前に元俳優の若林志穂(52)が長渕による監禁暴行をSNSで告発していたことが報じられており、何を語るか注目が集まっていた。

 ただ、若林の告発は昨年の11月で、長くなるので詳細は省くが、紆余曲折があり、報じられたのは若林の告発動画が再配信された今年1月になってから。長渕が出演した番組の収録は昨年12月で告発を受けたものではなかった。

 しかし、たまたまなのか意図的なのか、長渕出演の番組の第1弾が公開されたその日、これまでNさんとしていた加害者の「日本を代表するミュージシャン」について、若林が唐突に「長渕剛さん」と暴露してSNSに投稿。間もなく削除されたものの、一層長渕の発言に注目が集まらざるをえない事態となっていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮