また負けて1勝5敗で陥落危機…カド番の大関・霧島が「3日目から取材解禁」したワケ

公開日: 更新日:

 望みは名古屋に託す、か。

 今場所カド番の大関霧島(28)は17日、結びで王鵬と対戦。引き落としであっけなく土俵に両手をつく姿に大関の面影はなく、これで1勝5敗の崖っぷち。あと3敗で負け越し、大関陥落である。

 とはいえ、今の霧島に悲壮感はない。この日も、花道を下がりながら、土まみれになった自身の手を見て舌をペロリ、である。

 2日目まではそうではなかった。初日は豪ノ山に敗れ、2日目は平戸海に勝ったものの内容が悪かったこともあってか、2日連続で報道陣の取材をシャットアウト。一言も口を利かなかった。

 それが熱海富士に負けて2敗を喫した3日目からは、毎日、報道陣に対応。口数が少ないわけでもなく、普通に受け答えするようになった。

「今場所は仕方ない、と割り切ったのでしょう」と、親方のひとりは大関の胸の内をこう推察する。

「霧島は先場所前に負った首のケガがいまだ癒えていないのか、立ち合いで相手を下がらせる当たりがない。どこか恐る恐る、という印象です。これでは到底勝ち越せないことは、霧島自身も理解しているはず。大関陥落は避けられないと割り切り、名古屋で行われる来場所での大関復帰に目標を切り替えたのではないか。大関は陥落した翌場所に10勝以上すれば、元の地位に復帰できますからね」

 霧島は昨年3月場所で自身初優勝を果たし、大関昇進後の同11月場所で2回目の賜杯。安定感のある相撲ぶりで、親方衆の間でも「次の横綱候補」と評判だった。

 あの頃の霧島が再び戻ってくればいいのだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」