小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

遊びの達人にオススメ!“遊べる軽トラ”スズキ スーパーキャリイ Xリミテッド

公開日: 更新日:

スズキ スーパーキャリイ Xリミテッド(車両価格:¥1,514,700/税込み~)

 かなりの玄人向けだが、クルマツウとしてはひさびさに気になる特別仕様車が登場した。スズキの軽トラ、スーパーキャリイに追加されたXリミテッドだ。

 基本はいわゆる農家や工務店が使う前2人乗りで、後ろが荷台の軽トラック。駆動方式も当然エンジン縦置きのFRか4WD車である。

 完全なる商用車で、自動車税的にも4ナンバー登録車しかなく、年間自動車税はわずか5000円。それだけに内装は樹脂むき出しでそっけなく、エンジンも基本50馬力のノンターボ660ccエンジンしか選べなかったりする。

 しかしスズキ曰く、「(軽トラ)ユーザーの2割ぐらいは趣味で使う人がいる」んだそうな。日曜大工やガーデニング、あるいはマリンスポーツなど、荷台に汚れ物や濡れ物を載せたい趣味人。そういう人が半分仕事、半分趣味で使ったりする。

プライベーターも満足できるオシャレ仕様

 実はそのために生まれたのが、現行11代目キャリイに6年前に追加された「スーパーキャリイ」。2人乗りは変わらないが、キャビンを後ろに46cm、高さを12cm拡大。その結果、運転席は後ろに40度リクライニングでき、ちょっとした休みでカラダを伸ばせるし、座席後部に幅120cmで高さ90㎝の巨大スペースができ、頭上にオーバヘッドシェルフが付く。そこに書類や鞄を置けるのはもちろん、ちょっとした濡らしたくない工具や着替えも置けるわけだ。

 オマケに、微妙に短くなった荷台も、フロア部を抉って全長2mをほぼ保っている。

 つまり今回追加されたXリミテッドは、スーパーキャリイを元に、プライベーターでも満足できるようにしたオシャレ仕様。

 具体的には既存の「X LEDヘッドランプ装着車」をベースにグリルやドアハンドル、ドアミラー、ライトベゼルをブラック化。加えてボディサイドに専用デカールや専用ブラックスチールホイールを装着。

 走りの部分では、リアが板バネ式のリジットサスペンションや660ccノンターボエンジン、5MTか4ATしか選べないギアボックスはベース車と全く変わらない。

 実際に乗ってみたが、低速で跳ねるトラック特有の硬い乗り心地や騒がしいエンジンサウンド、高速でエンジンが吹けきるギアレシオなどは軽トラのまま。イマドキの軽スーパーハイトワゴン的な快適性や静粛性を期待したらバチが当たる。

イマドキのEVとは真逆の方向でメカを操る感覚が楽しい!

 しかしこれがどうして、妙に楽しいのだ。筆者は昔よく、友だち同士の引っ越しで軽トラを借りたものだが、慣れればダイレクトなステアリングフィールやトラックならでのボディ鼻先に座る感覚がたまらない。もちろんウルサいけど、その分エンジンのギア擦れの音や排気音が生々しく感じられて、問答無用に楽しいのだ。

 イマドキのEVとは真逆の方向でメカを操り、一体となる感覚がある。

 乗り心地も、言うほど悪くない。確かに乗用車的なスポンジの如きタッチや、ショックをすべて吸収するような優しさはない。だがそれもひっくるめて、プリミティブに楽しいのだ。

 価格はイマドキの先進安全を付けたうえで151万円からとお手頃。日曜大工が趣味だったり、思い切ってログハウスビルドに挑戦してしまうような趣味人。タレントのヒロミさんのような“遊びの達人”にぜひ乗って欲しい、楽しい働くクルマなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」