香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

公開日: 更新日:

 歌舞伎界のみならず日本中を震撼させた、四代目市川猿之助(48)の一家心中事件から1年。ここに来て、歌舞伎の名門「澤瀉屋」の後継者争いが混とんとしてきている。
 
 先代の故・二代目市川猿翁さん(享年83)の甥で後継者だった猿之助は、自身のスキャンダル報道により、昨年5月18日、父・市川段四郎さん(享年76)と母・延子さん(享年75)と一家心中を図った。猿之助は一命をとりとめたものの、両親は死去。両親への自殺ほう助罪で、猿之助に懲役3年・執行猶予5年の判決が下されたのは昨年11月のこと。
 
 その間、澤瀉屋の危機を救ったのが、猿翁さんの長男で猿之助の従兄弟である九代目市川中車(俳優・香川照之、58)の長男、五代目市川團子(20)だった。

 團子は、東京・明治座の「市川猿之助奮闘歌舞伎公演」で、猿之助の代役を急きょ務め称賛を浴びた。その後、猿之助が出演予定だった複数の舞台が公演中止になったが、公演を強行した舞台で猿之助の穴を埋めている。
 
 東京・新橋演舞場で2月4日から3月20日まで、名古屋・御園座で5月6日から19日まで行われるスーパー歌舞伎「三代猿之助四十八撰の内『ヤマトタケル』」では、初のヤマトタケル役に挑んでいる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ