「大統領とハリウッド」村田晃嗣著

公開日: 更新日:

 アメリカ政治と映画の相互作用の歴史を解説したアメリカ論。

 映画がホワイトハウスに送り出した最初の大統領は、1901年に就任した第26代のセオドア・ルーズベルトだという。

 彼は米西戦争で義勇騎兵隊「ラフ・ライダーズ」を指揮して有名になり政界に転じた人物で、ララ・ライダーズの活躍がいくつもの短編映画に描かれたのだ。

 そして、英雄であるリンカーンを主要な登場人物にした、グリフィス監督の1915年公開の「國民の創生」によって、ホワイトハウスとハリウッドの結びつきは本格化する。

 以降、ケネディやレーガン、そしてトランプ大統領誕生まで、250作品以上の映画を紹介しながら、政治と映画の関係を読み解いていく。

(中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る