宜保愛子 各界著名人を巻き込んでの霊視大騒動

公開日: 更新日:

<1993年3月>

 多くの有名人と霊視対談を行い、著書もベストセラーとなった宜保愛子。繰り返し放送されるテレビ特番も視聴率は常時20%以上という人気を誇った。

 しかし、93年3月、61歳の時にプラズマ研究で有名な早稲田大学の大槻義彦教授(当時56)から「霊視はトリック」と挑戦状を叩きつけられる。教授の挑戦に沈黙する宜保に対して各方面からバッシングが起こる騒ぎとなった。

 6歳ごろから霊視ができたという宜保。その後、一時的に能力を失うが、37歳の時に復活、霊視相談を行うようになる。さらに80年代半ばのテレビ出演をきっかけにブレークして年数冊のペースで出版される著書の総売り上げは200万部を超え、大人気になった。

 これに待ったをかけたのが超能力を次々と科学的に解明し“オカルトハンター”として名を馳せた大槻教授だった。教授は相談者の家庭環境を“霊視”で次々と言い当てる宜保に対して、「事前にリサーチしていればすべてわかること」と指摘。「有名人ではなくて、事前のリサーチができない人物を霊視してもらいたい。さらに、ルーブルにある私の好きな絵を霊視してもらいたい。調査にかかる費用は全部私が出す」と戦いを挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る