宜保愛子 各界著名人を巻き込んでの霊視大騒動

公開日: 更新日:

<1993年3月>

 多くの有名人と霊視対談を行い、著書もベストセラーとなった宜保愛子。繰り返し放送されるテレビ特番も視聴率は常時20%以上という人気を誇った。

 しかし、93年3月、61歳の時にプラズマ研究で有名な早稲田大学の大槻義彦教授(当時56)から「霊視はトリック」と挑戦状を叩きつけられる。教授の挑戦に沈黙する宜保に対して各方面からバッシングが起こる騒ぎとなった。

 6歳ごろから霊視ができたという宜保。その後、一時的に能力を失うが、37歳の時に復活、霊視相談を行うようになる。さらに80年代半ばのテレビ出演をきっかけにブレークして年数冊のペースで出版される著書の総売り上げは200万部を超え、大人気になった。

 これに待ったをかけたのが超能力を次々と科学的に解明し“オカルトハンター”として名を馳せた大槻教授だった。教授は相談者の家庭環境を“霊視”で次々と言い当てる宜保に対して、「事前にリサーチしていればすべてわかること」と指摘。「有名人ではなくて、事前のリサーチができない人物を霊視してもらいたい。さらに、ルーブルにある私の好きな絵を霊視してもらいたい。調査にかかる費用は全部私が出す」と戦いを挑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る