• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中村七之助 泥酔してタクシー無賃乗車騒動

<2005年1月>

 1月30日夜の緊急記者会見で「本当に申し訳ありません」と言って中村勘三郎(当時49)は記者たちの前で両手を合わせ深々と頭を下げた。その前日、都内ホテルで「18代目中村勘三郎襲名を祝う会」が開かれたばかり。勘三郎は「甘やかして育てたつもりはないんですが、あんなバカとは思わなかった」と続けた。

 昨年12月5日、57歳の若さで亡くなった勘三郎の人生で最大の痛恨事といってもいいだろう。襲名パーティーから数時間が経過した30日午前6時40分、次男の中村七之助(同21)が逮捕されてしまったのだ。タクシーが自宅のある東京・小日向に到着すると、七之助は料金約8000円を払わずに逃走。運転手の通報で駆けつけた交番巡査の頭を殴打。公務執行妨害で現行犯逮捕されたというのである。

 当初は次のように報じられていた。パーティーがお開きになった後、父と別れて、仲のいい友人たちと六本木に繰り出した。2次会のメンバーには堀越高校の同級生で親友の「嵐」の松本潤もいた。午前3時半まで飲み、仲間からタクシーに乗せられ帰路につき、迷っていろいろなところをグルグル回った末に、やっと小日向に着いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る