元アイドルの本田理沙 バツ2で出戻り、地元・大分で大人気

公開日:  更新日:

 ハテ、彼女は08年5月、写真週刊誌「FLASH」のグラビアで約11年ぶりにナイスバディーを披露。翌年には写真集やDVDを相次いでリリースし、都内の芸能事務所に所属して本格復帰を目指していたんじゃなかったか?

「そのつもりでした。ところが、直後に父が急死して、高齢の母が一人暮らしになっちゃった。それで3年前の2010年3月、長女の中学進学に合わせて中津に帰ってきました」

 地元に戻った元アイドルを周囲がほうっておくはずがない。その年の7月から「本田理沙のマンマミーア!」が木曜日の番組でスタート。それが好評だったため、翌年4月から現在の編成になり、9月から「美酒処 本田」も始まった。

「今は大分市の芸能事務所にお世話になってます。タレントや司会業以外には、タレント養成スクール『TPET(ティーペット)』代表としての未来のアイドルやタレント発掘は、大きな仕事ですね。実はこの9月に小6が2人、小2が1人の音楽ユニット『Pinky Pitts』をデビューさせたばかりで。まだローカルアイドルですが、いずれはメジャーデビューさせたいと考えてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る