「DJ出身」あべ静江 3歳から中学まで子役兼歌手だった

公開日: 更新日:

 しかし、あべさんが実際にたどったのは、中学で子役引退→高校・短大に進学→短大と並行してシャベリ手育成の専門学校(TTC)に通学→東海ラジオとFM愛知のDJへという道筋だ。どうして中学で引退してしまったのか。

「子供の頃から、私だけラジオやテレビに出てたので、クラスでも“浮いた存在”というのは、なんとなく感じていたのね。それにこれは中学に入ってハッキリ意識したことだけど、私、急にポーンと大人っぽくなっちゃって、ヘタをすると20歳ぐらいに見られることもあったんです。それで、“もう子役は無理だなぁ”と」

 結果的にはその判断が正しかったのかも知れない。まさに「人に歴史あり」。それを証明する貴重な一枚だ。

■アンソロジー

 あべさんにとって昨年がデビュー40周年。それを記念してアルバムを作った。それが「あべ静江アンソロジー~Memories for 40years~」(昨年11月発売)。ヒット曲はもちろん、アルバムの中に隠れた名曲など2枚組全30曲をすべてあべさんが選曲した。

「ブックレットには当時は話せなかった際どいエピソードなども書かせていただきました。ご興味のある方はぜひ聴いてみてください」
(問)フリ─ダイヤル0120・737・533 ポニーキャニオンショッピングクラブ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る