• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「DJ出身」あべ静江 3歳から中学まで子役兼歌手だった

 昭和48年、「コーヒーショップで」でデビューし、いきなりスターの仲間入りを果たした。10代のアイドル歌手が全盛だった当時、あべさんは21歳。「ちょっとお姉さん」的雰囲気と、地方局のDJ出身という手あかのついてない透明感が人気に拍車をかけたのは間違いない。そんなこの人にも“秘められた過去”があった!

■手あかがついてないイメージのため?

「うわっ、懐かしい! 前列右から2人目のちっちゃいのが私。コレ、私が小学校3年生ぐらいの写真です」

 古いアルバムから一枚の写真を取り出すなり、あべさんはこう言った。
「デビュー以来、最近までずっと伏せていたんですが、実はね、私、3歳ぐらいから中学時代にかけて、少女歌手や子役としてステージやラジオ、テレビに出ていたことがあるんです。この写真はまだできて間がない東海テレビが初めて制作した時代劇の打ち上げの写真です。たしか『名物水曜座』という枠の中の一本だったと思うけど、残念ながらタイトルは忘れちゃった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る