カトパンもショーパンも…フジ「女子アナ王国」は風前の灯

公開日: 更新日:

 生野陽子アナは同期の中村光宏アナとの親密交際が発覚。加藤綾子アナはのダルビッシュとのすっぽんデートをスッパ抜かれた。
 フジテレビの「めざましテレビ」の看板アナとして人気を二分する2人。カトパンは「めざまし」の他にもレギュラー、単発番組に駆りだされ、ショーパンも「笑っていいとも!」や特番出演も多い。人気の証しとはいえ、さすがにこれでは疲弊してしまう。

 フジの女子アナといえば、ここ1~2年で平井理央、松尾翠、本田朋子らが次々と寿退社し、フリーに転身。そんな先輩に続いて過酷な状況から足抜けしようと、カトパンもショーパンも婚活にいそしんでいるということか。

 新人に目を向けると、2013年入社の内田嶺衣奈アナは上智大出身。在学中にはミスソフィアに輝き、原レイナの芸名でタレント活動をしていた。期待の新星だ。それが、担当の「すぽると!」「笑っていいとも!」ではパッとせず、新人女子アナの登竜門「~パン」シリーズのMCも同期の三上真奈アナにとられた。その三上の「ミカパン」もパン史上サイテーと評判がよくない。凋落するフジ。“女子アナ王国”も今は昔、風前の灯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る