カトパンもショーパンも…フジ「女子アナ王国」は風前の灯

公開日:  更新日:

 生野陽子アナは同期の中村光宏アナとの親密交際が発覚。加藤綾子アナはのダルビッシュとのすっぽんデートをスッパ抜かれた。
 フジテレビの「めざましテレビ」の看板アナとして人気を二分する2人。カトパンは「めざまし」の他にもレギュラー、単発番組に駆りだされ、ショーパンも「笑っていいとも!」や特番出演も多い。人気の証しとはいえ、さすがにこれでは疲弊してしまう。

 フジの女子アナといえば、ここ1~2年で平井理央、松尾翠、本田朋子らが次々と寿退社し、フリーに転身。そんな先輩に続いて過酷な状況から足抜けしようと、カトパンもショーパンも婚活にいそしんでいるということか。

 新人に目を向けると、2013年入社の内田嶺衣奈アナは上智大出身。在学中にはミスソフィアに輝き、原レイナの芸名でタレント活動をしていた。期待の新星だ。それが、担当の「すぽると!」「笑っていいとも!」ではパッとせず、新人女子アナの登竜門「~パン」シリーズのMCも同期の三上真奈アナにとられた。その三上の「ミカパン」もパン史上サイテーと評判がよくない。凋落するフジ。“女子アナ王国”も今は昔、風前の灯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る