ハリウッド“アラ環の星” リーアム・ニーソンが稼げる理由

公開日:  更新日:

 米誌「フォーブス」毎年恒例の「最も稼いだ俳優トップ10」で、2年連続で首位に輝いたロバート・ダウニー Jr (49)の年収は7500万ドル、日本円で約76億円!

 4位のレオナルド・ディカプリオ(39=3900万ドル)や、9位のウィル・スミス(45=3200万ドル)など、トップ10入りしたのは、いずれも30代、40代だが、ひとり還暦過ぎで気を吐いたのが6位のリーアム・ニーソン(3600万ドル)、御年62歳だ。まさに“アラ還の星”だろう。

 北アイルランド出身のニーソンは、81年に映画デビュー。93年の「シンドラーのリスト」でアカデミー主演男優賞にノミネート。その後は、99年の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に主演するなど、順調にキャリアを重ねてきたが、評価をさらに高めたのが、08年の「96時間」だ。製作費が2500万ドルで、全世界の興行収入が2億ドル超えと大ヒットした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る