ハリウッド“アラ環の星” リーアム・ニーソンが稼げる理由

公開日: 更新日:

 米誌「フォーブス」毎年恒例の「最も稼いだ俳優トップ10」で、2年連続で首位に輝いたロバート・ダウニー Jr (49)の年収は7500万ドル、日本円で約76億円!

 4位のレオナルド・ディカプリオ(39=3900万ドル)や、9位のウィル・スミス(45=3200万ドル)など、トップ10入りしたのは、いずれも30代、40代だが、ひとり還暦過ぎで気を吐いたのが6位のリーアム・ニーソン(3600万ドル)、御年62歳だ。まさに“アラ還の星”だろう。

 北アイルランド出身のニーソンは、81年に映画デビュー。93年の「シンドラーのリスト」でアカデミー主演男優賞にノミネート。その後は、99年の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に主演するなど、順調にキャリアを重ねてきたが、評価をさらに高めたのが、08年の「96時間」だ。製作費が2500万ドルで、全世界の興行収入が2億ドル超えと大ヒットした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る