ハリウッド“アラ環の星” リーアム・ニーソンが稼げる理由

公開日:  更新日:

 米誌「フォーブス」毎年恒例の「最も稼いだ俳優トップ10」で、2年連続で首位に輝いたロバート・ダウニー Jr (49)の年収は7500万ドル、日本円で約76億円!

 4位のレオナルド・ディカプリオ(39=3900万ドル)や、9位のウィル・スミス(45=3200万ドル)など、トップ10入りしたのは、いずれも30代、40代だが、ひとり還暦過ぎで気を吐いたのが6位のリーアム・ニーソン(3600万ドル)、御年62歳だ。まさに“アラ還の星”だろう。

 北アイルランド出身のニーソンは、81年に映画デビュー。93年の「シンドラーのリスト」でアカデミー主演男優賞にノミネート。その後は、99年の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に主演するなど、順調にキャリアを重ねてきたが、評価をさらに高めたのが、08年の「96時間」だ。製作費が2500万ドルで、全世界の興行収入が2億ドル超えと大ヒットした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る