「最も稼いだ」俳優 ロバート・ダウニー・Jrの波瀾万丈

公開日: 更新日:

 米経済誌フォーブスが2013~14年にかけ最も稼いだ俳優のリストを発表した。トップは2年連続でロバート・ダウニー・Jr。大ヒットしたスーパーヒーロー映画「アイアンマン」シリーズの主役トニー・スターク=アイアンマンのギャラがとんでもないことになっているからだ。同誌の推定によると、年収は約7500万ドル(75億円)。

 これまでに「アイアンマン」シリーズと関連作品の総売り上げはなんと40億ドル(4000億円)を突破しており、これに関連グッズの売り上げが加わる。この男なしには「アイアンマン」シリーズ製作が不可能になっているため、製作のマーベル・スタジオを傘下に持つディズニーは、ロバートのどんな要求にも応える、といわれている。

 それにしても、波瀾万丈な人生だ。90年代後半から麻薬中毒でボロボロになり、1年間の実刑を食らったこともあった。あの時は、まさかカムバックして、ハリウッドの帝王になるなんて誰も予想してなかった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る