「最も稼いだ」俳優 ロバート・ダウニー・Jrの波瀾万丈

公開日: 更新日:

 米経済誌フォーブスが2013~14年にかけ最も稼いだ俳優のリストを発表した。トップは2年連続でロバート・ダウニー・Jr。大ヒットしたスーパーヒーロー映画「アイアンマン」シリーズの主役トニー・スターク=アイアンマンのギャラがとんでもないことになっているからだ。同誌の推定によると、年収は約7500万ドル(75億円)。

 これまでに「アイアンマン」シリーズと関連作品の総売り上げはなんと40億ドル(4000億円)を突破しており、これに関連グッズの売り上げが加わる。この男なしには「アイアンマン」シリーズ製作が不可能になっているため、製作のマーベル・スタジオを傘下に持つディズニーは、ロバートのどんな要求にも応える、といわれている。

 それにしても、波瀾万丈な人生だ。90年代後半から麻薬中毒でボロボロになり、1年間の実刑を食らったこともあった。あの時は、まさかカムバックして、ハリウッドの帝王になるなんて誰も予想してなかった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る