日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「2億円豪邸」を即金でポンッ 新婚・荒川静香の稼ぎっぷり

 金メダルは取っておくもんだ。発売中の女性自身によると、トリノ五輪“イナバウアー”金メダリストの荒川静香(32)が昨年6月に新築した地下1階、地上3階建ての豪邸は、驚くべきことに無借金で購入したものだという。その額、ナント推定2億5000万円。名義は100%荒川で、夫のカネは1円も含まれていないんだとか。

 荒川は昨年暮れに有名医大卒の外科医と結婚。夫婦仲は円満で、現在妊娠5カ月。夫婦でマタニティー教室に通っている姿が目撃されている。
 仕事面では2年前に日本スケート連盟の理事に就任。先月には日本オリンピック委員会の強化スタッフに推薦され、ゆくゆくはフィギュア五輪チームのヘッドコーチに就任するとみられている。金メダルのようにピカピカの人生だ。

「もっとも、荒川の無名時代には、お母さんがゴルフ場で働いて競技生活を支えていたんです。本人も、学生時代はコンビニとファストフード店でアルバイトしていた。たたき上げなんです」(スポーツ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事