嵐・相葉と並びCM10社! 松岡修造は“稼ぎ”も熱かった

公開日: 更新日:

「熱血男」は稼ぎっぷりも熱いようだ。

 先日、ニホンモニターが今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」を発表。男性の1位は10社で、人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀、俳優の阿部寛、そして、元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(46)だった。

「松岡はランキング上位の常連です。“熱血キャラ”がお茶の間に浸透していて、老若男女にウケがよく、スキャンダルもない。曽祖父が阪急阪神東宝グループの創始者という家柄。CMに使いやすいんです」(代理店関係者)

 テレビに出る時はポロシャツ姿が多いから、あまりお金のニオイがしないが、実際、稼ぎはいかほどなのか。

「CMのギャラは、1本4000万~5000万円とも。スポーツキャスターの他にバラエティー番組からもお呼びがかかるし、テレビのギャラを含めれば、年間6億円は堅いでしょう」(マスコミ関係者)

 そりゃ熱くもなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る