嵐・相葉と並びCM10社! 松岡修造は“稼ぎ”も熱かった

公開日:  更新日:

「熱血男」は稼ぎっぷりも熱いようだ。

 先日、ニホンモニターが今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」を発表。男性の1位は10社で、人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀、俳優の阿部寛、そして、元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(46)だった。

「松岡はランキング上位の常連です。“熱血キャラ”がお茶の間に浸透していて、老若男女にウケがよく、スキャンダルもない。曽祖父が阪急阪神東宝グループの創始者という家柄。CMに使いやすいんです」(代理店関係者)

 テレビに出る時はポロシャツ姿が多いから、あまりお金のニオイがしないが、実際、稼ぎはいかほどなのか。

「CMのギャラは、1本4000万~5000万円とも。スポーツキャスターの他にバラエティー番組からもお呼びがかかるし、テレビのギャラを含めれば、年間6億円は堅いでしょう」(マスコミ関係者)

 そりゃ熱くもなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る