舞台「小林一茶」主演の和田正人 “セリフ対策”に新聞を購読

公開日: 更新日:

 5日、俳優の和田正人(35)が主演舞台「小林一茶」の取材会に出席。

 6日初日を迎えるが、「幕を開けていいのか……。もうちょっと稽古したい。1人1つずつセリフを間違えてますから」と不安そうにポツリ。俳句や俳諧など難しい言葉遣いが多いことに危機感を募らせたようで、「セリフが難しい。常に頭をフル回転してます。今回、活字に弱いと気づいたので、新聞を取り始めました」と明かした。

 しかし、「一般紙です、スポーツ新聞ではありません」という言葉に、取材で集まったスポーツ紙記者たちはガッカリ。「舞台が終わったら(取るか)考えます」と言われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  7. 7

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  8. 8

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

もっと見る