トップ営業マンから異色の転身 鎮西・江上監督を直撃

公開日: 更新日:

 23日に登場する鎮西(熊本)の江上寛恭監督(46)は学校職員。いわゆる“請負監督”だ。自身にとっては04年の就任以来、初の甲子園出場になる(鎮西は24年ぶり3回目)。

 鎮西から九産大を経て、本田技研熊本(現ホンダ熊本)に入社。遊撃手として社会人時代には日本代表候補にも選ばれるなど野球エリートの道を歩んだものの、28歳で現役を引退。その後は車のセールスマンとして営業所トップの成績を上げたヤリ手社員だった。異色の経歴を持つ江上監督に、監督就任までの経緯を中心に聞いた。

■野球選手時代は頭を下げたことはなかった

――引退後にサラリーマンに転身したのはなぜですか。

「ずっと野球を続けてきて、高校の時は甲子園でベスト4に入り、大学、社会人でも結果を残してきた。ホンダ1年目の九州予選初戦で、創業者の本田宗一郎の目の前で最高殊勲選手賞と首位打者賞を取ったこともあります。ただ、28歳になっていろいろと考えることがあって、都市対抗が終わったらやめようと覚悟を決めていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る