「誘いはあった」…フジ伊藤利尋アナ“フリー転身”の可能性

公開日:  更新日:

 8日放送のフジテレビ系のトーク番組「ボクらの時代」に同局の伊藤利尋アナ(42)、佐野瑞樹アナ(43)、フリーの羽鳥慎一アナ(43)が出演した。親交の深い同世代の3人が、テレビ界のあれこれについてざっくばらんに語り合った。

 話題は多岐にわたり、羽鳥アナが若い頃から元フジの木佐彩子アナ(43)にぞっこんで日テレの社員食堂のカードの暗証番号が16年間も木佐の誕生日の「0526」だったというエピソードや最近の女子アナの風潮まで。終始笑いの絶えない収録だったが、話のプロたちの流れるようなトークが一瞬、詰まったのがフリー転身が話題になった時だった。

「35歳くらいの時にこのままでいいのかな」と思い至った羽鳥は、先輩アナの徳光和夫(73)と宮根誠司(51)に相談したことを告白。佐野アナもフリー転身の打診は外部からあったことを明かすと矛先は伊藤アナへ。すると、子供ができてから仕事への意識が変わったという伊藤アナは、「誘いがあるかないかでいえばあった」と告白した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る