“昭和の怪僧”織田無道さんは今も現役、養殖ビジネスも

公開日: 更新日:

 織田信長の末裔を自称し、“昭和の怪僧”“霊能力僧”として80年代後半から90年代にかけ、テレビに出まくった坊さんタレントがいた。織田無道さんである。水晶玉を使った霊視や除霊が話題になり、明るく、ツッコミにも動じないキャラで人気だった。しかし、最近はとんとあの坊主頭を見ない。今どうしているのか。

「2月上旬の週刊誌の記事には参りました。電話で15分ほど話しただけなのに、いかにもワタシがウサン臭い商売でカネ儲けをたくらんでるみたいに書かれちゃって。こうして面と向かって取材を受けるのは3年ぶりくらい。もうワタシが前面に出る時代じゃない。これからは次世代の方々の裏方として物心両面のサポーター、アドバイザーに徹しようと思ってきたんですけどねえ。ホント、いつまで有名税を払えばいいんでしょうか」

 渋谷は道玄坂のカフェで会った織田さん、こういってボヤいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  10. 10

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

もっと見る