箱根駅伝「完全制覇」は必然 青学大“史上最速タイム”の秘密

公開日:  更新日:

「まさか、あの弱小校が頂点にまで上りつめるとは」――。

 3日の箱根駅伝で10時間49分27秒の“史上最速タイム”で優勝した青学大に関して、大学陸上関係者からこんな声が聞こえてきた。

 創部は1918年と歴史はありながら、76年の出場を最後に箱根路から遠ざかった。陸上部の駅伝を大学が本格的な強化に乗り出したのは04年。実業団の中国電力でコーチを務めていた原晋監督を招へいし、合宿所や練習場を新設するなどハード面を整備。同時に原監督自らが高校の有力選手の勧誘に動いた。09年には33年ぶりに出場し、その後は着実にレベルアップ。12年には大学三大駅伝のひとつである出雲駅伝で優勝し、翌年の箱根では同大学史上最高の5位に入った。

 一時は部員も集まらず廃部の危機にあった青学大が創部96年目にして栄冠を手にできたのは、練習環境の充実も一因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る