• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民放バラエティーとは一線 NHK「スポーツ語り亭」の魅力とは

 球春到来だが、スター不在のプロ野球より面白かった番組がある。先週日曜の「スポーツ語り亭」(NHK-BS1)だ。

 BSには「吉田類の酒場放浪記」(BS─TBS)のように、視聴者が酒を飲んでる気分(実際に飲みながら見る?)になってくつろげる番組がある。また、「アスリートの魂」(BS1)のように、スポーツ選手に密着してプレーを細かく解説する硬派なドキュメントもある。「スポーツ語り亭」は前者のくだけた感じと後者のまじめな中身を混ぜた作りで、面白いのだ。

 舞台となるミッツ・マングローブが仕切るお店に現れたのは掛布雅之、金本知憲、山崎武司。カウンターに腰かけ、「4番バッター」というテーマについて語った。

 3人の思い出のホームラン映像を見ながら、江川との名勝負を演じた掛布が「あの球(江川のアウトハイのまっすぐ)を打ったのはおまえだけだろ」とコーチに言われたという裏話をマジメに披露すれば、山崎は「(4番になる前は)遊ぶことしか考えてなかった(笑い)」、金本は「4番はモテる」という話で爆笑をとる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る