ASKA事件の余波か…酒井法子「バラエティー出演」白紙に

公開日:  更新日:

 先週、覚醒剤取締法違反(使用)で起訴されたASKA被告の愛人・栩内香澄美被告の初公判が開かれたが、事件のとばっちりをモロに食らっているのが、かつて覚醒剤事件を起こした酒井法子。執行猶予も明け、この7月に完全復帰を果たそうと、内々に進めていた地上波ゴールデン&プライム帯番組への出演プランが一度白紙になってしまったというから、たまらない。

「昨年、のりピーはBSジャパンのドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイル〈誤解〉』や関西テレビの『さんまのまんま』に出演して話題になりました。しかし、完全復活かと問われれば程遠い状態でした。そこでGP帯の番組に出て完全にミソギを済まそうと水面下で動いていたのです」(芸能プロ関係者)

 実はASKA事件が報じられる前までは、ある番組への出演が内定していたという。

「今月23日に放送された日テレの新番組『トリックハンター』です。自分の過去と決別するという意味も込めて、脱出マジックにチャレンジする予定でした。他にもフジの『27時間テレビ』で『めちゃイケ』のスタッフが仕切るコーナーにサプライズで登場する予定もあった」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る