ASKA事件の余波か…酒井法子「バラエティー出演」白紙に

公開日: 更新日:

 先週、覚醒剤取締法違反(使用)で起訴されたASKA被告の愛人・栩内香澄美被告の初公判が開かれたが、事件のとばっちりをモロに食らっているのが、かつて覚醒剤事件を起こした酒井法子。執行猶予も明け、この7月に完全復帰を果たそうと、内々に進めていた地上波ゴールデン&プライム帯番組への出演プランが一度白紙になってしまったというから、たまらない。

「昨年、のりピーはBSジャパンのドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイル〈誤解〉』や関西テレビの『さんまのまんま』に出演して話題になりました。しかし、完全復活かと問われれば程遠い状態でした。そこでGP帯の番組に出て完全にミソギを済まそうと水面下で動いていたのです」(芸能プロ関係者)

 実はASKA事件が報じられる前までは、ある番組への出演が内定していたという。

「今月23日に放送された日テレの新番組『トリックハンター』です。自分の過去と決別するという意味も込めて、脱出マジックにチャレンジする予定でした。他にもフジの『27時間テレビ』で『めちゃイケ』のスタッフが仕切るコーナーにサプライズで登場する予定もあった」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る