ASKA事件の余波か…酒井法子「バラエティー出演」白紙に

公開日: 更新日:

 先週、覚醒剤取締法違反(使用)で起訴されたASKA被告の愛人・栩内香澄美被告の初公判が開かれたが、事件のとばっちりをモロに食らっているのが、かつて覚醒剤事件を起こした酒井法子。執行猶予も明け、この7月に完全復帰を果たそうと、内々に進めていた地上波ゴールデン&プライム帯番組への出演プランが一度白紙になってしまったというから、たまらない。

「昨年、のりピーはBSジャパンのドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイル〈誤解〉』や関西テレビの『さんまのまんま』に出演して話題になりました。しかし、完全復活かと問われれば程遠い状態でした。そこでGP帯の番組に出て完全にミソギを済まそうと水面下で動いていたのです」(芸能プロ関係者)

 実はASKA事件が報じられる前までは、ある番組への出演が内定していたという。

「今月23日に放送された日テレの新番組『トリックハンター』です。自分の過去と決別するという意味も込めて、脱出マジックにチャレンジする予定でした。他にもフジの『27時間テレビ』で『めちゃイケ』のスタッフが仕切るコーナーにサプライズで登場する予定もあった」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る