ASKA事件の余波か…酒井法子「バラエティー出演」白紙に

公開日: 更新日:

 先週、覚醒剤取締法違反(使用)で起訴されたASKA被告の愛人・栩内香澄美被告の初公判が開かれたが、事件のとばっちりをモロに食らっているのが、かつて覚醒剤事件を起こした酒井法子。執行猶予も明け、この7月に完全復帰を果たそうと、内々に進めていた地上波ゴールデン&プライム帯番組への出演プランが一度白紙になってしまったというから、たまらない。

「昨年、のりピーはBSジャパンのドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイル〈誤解〉』や関西テレビの『さんまのまんま』に出演して話題になりました。しかし、完全復活かと問われれば程遠い状態でした。そこでGP帯の番組に出て完全にミソギを済まそうと水面下で動いていたのです」(芸能プロ関係者)

 実はASKA事件が報じられる前までは、ある番組への出演が内定していたという。

「今月23日に放送された日テレの新番組『トリックハンター』です。自分の過去と決別するという意味も込めて、脱出マジックにチャレンジする予定でした。他にもフジの『27時間テレビ』で『めちゃイケ』のスタッフが仕切るコーナーにサプライズで登場する予定もあった」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る