顔とのギャップが人気…篠原信一に「バラエティーで活躍」の声

公開日:  更新日:

 年末年始に稼ぎまくったニッチタレントの中でも、異彩を放っていたのが元柔道男子日本代表監督の篠原信一(41)だ。シドニー五輪で銀メダルを獲得し、現役引退後には代表監督に就任するも、12年のロンドン五輪で金メダル0個に終わり引責辞任。

 同年に妻と共に産業廃棄物処理関連の会社を設立し、13年に天理大准教授を退職した篠原は、昨年7月の「アウト×デラックス」(フジ系)出演を皮切りに、この年末年始は「嵐にしやがれ元日SP」(日テレ系)や「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(テレビ朝日系)などバラエティー三昧だった。今年の展望はどうか。

 芸能リポーターの川内天子氏が言う。
「見た目がこわもてなだけに、ペラペラしゃべるギャップがウケている。本業の“黒歴史”も『役立たずだった』と自虐ネタでぶっちゃけていた。アスリート枠というくくりでは、去年ブレークしたフィギュアスケートの織田信成くんとは全然タイプの違うキャラで活躍するでしょう」(前出の川内氏)

 もはや柔道着に未練はないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る