日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安達祐実が母娘ツーショット 祖母の介護契機に確執“雪解け”

 女優の安達祐実(33)が5日、母親でタレントの安達有里(57)と一緒に映ったツーショット写真を自身のブログで公開し、仲の良い様子を見せた。

 2009年1月に離婚した元夫・井戸田潤(42)との間にもうけた長女の凛ちゃん(9)を連れ、両親、兄と共に夕食を取ったという祐実が、「久しぶりに母とのツーショット載せてみます。凜が撮ってくれたので、少しブレ気味ですが…」とつづったブログのコメント欄には、<美人な親子ですね><そんな母、子になりたい!!>などと称賛の声が寄せられたが、実はこのツーショット写真には、母娘の“雪解け”の意味が込められている。2人には長きにわたり、ちょっとした確執があったからだ。

 きっかけは、母親・有里の破天荒ぶりだ。かつては“ステージママ”として娘の祐実を支えた有里だが、06年に豊胸を含む全身整形を経て、写真集でヘアヌードに。その後09年には、52歳にしてアダルトまがいのイメージビデオに出演し、すっかり"お騒がせママ"のイメージが定着。母のブレークに祐実はある程度理解を示していたというが、祐実と井戸田の離婚後、有里が凛ちゃんを預かる家に、若いボーイフレンドを出入りさせていたことが発覚すると、母娘の溝が深まる結果に。一時2人の関係は、“修復不可能”と噂されたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事