山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

公開日: 更新日:

 絵に描いたような“クズ”だった。アイドルグループ「光GENJI」の元メンバー、山本淳一(43)。発売中の「週刊文春」で去年7月に結婚した妻が、3000万円以上の借金とソープランドに沈めかけられた事実を告発して騒ぎになっている。

 山本は2年前にも「文春」で別の女性Aとその子供と3年間同居していながら、現在の妻と二股交際をしていたことをAに告発されている。妻は「2年前の取材では横で紙に書いて指示をする彼に従って嘘をついた」と暴露し、山本と結婚前、前夫から受け取った娘の養育費約2000万円をカフェの開店資金名目で山本にむしり取られたことも明かした。

 借金問題で芸能活動休止に追い込まれた山本は、流れ流れて知人が経営する愛媛県松山市の道後温泉のバーで働くように。しかし改心することもなく、妻に「オレは芸能を頑張る。おまえも風俗で働けば夫婦の絆がもっと深まる」とソープとデリヘルの面接を勧めていたというから、つける薬のないクズ男である。

 芸能リポーターの川内天子氏がいう。

「山本は“堕ちたアイドル”の象徴。こういう人は『元・光GENJI』ブランドにすがり、これからも女をだまして生きていくしかない。もう芸能界に這い上がってくることはできないでしょう。引退してきちんと働く人もいますが、一度、大きなカネを手にできる世界に入ると、コツコツ働く生活に満足できなくなる。これだけ悪事がバラされても『山本のブランド力で一儲けしてやろう』と近づいてくる悪いヤカラがいるのも事実。また、現役アイドル時代の根強いファンも存在するから反省がない。覚醒剤で捕まった赤坂晃もその一人でしょう」

 大沢樹生(46)は息子のDNA鑑定問題でモメにモメ、諸星和己(44)は暴走キャラで芸能界から干されるなど、アイドルのなれの果ては悲惨だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」