城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

佐藤浩市 ショーケン「ヘタクソ」の罵倒にも冷静に対応

公開日: 更新日:
俳優として自信があるからこそ(C)日刊ゲンダイ

 佐藤浩市(55)、日本を代表する俳優のひとりだ。数々の映画賞を受賞していることは言うまでもない。別に親しいわけではないが、僕は彼に特別な思い入れを持っている。佐藤がデビューしたNHKドラマ「続・続事件」の取材に、スポーツ紙の芸能記者として仕事を始めたばかりの僕が行くことになった…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る