日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桂米助
著者のコラム一覧
桂米助落語家

<第8回>悩んでいた頃、電車で高校時代の教師とバッタリ

江口卓が巨人と契約ドラフト空白の1日、正力オーナーと(C)日刊ゲンダイ

 二つ目の米助は30歳になって悩んでいた。自分はどんな新作落語を演じればいいのかと。従来の新作派は大先輩の柳家金語楼が作ったネタや演芸作家に作ってもらった古典落語の焼き直しのようなネタを演じていた。米助はそういう新作はやりたくなかった。

「三遊亭円丈…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事