• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

黒い雨(1989年、日本)

イラスト・クロキタダユキ

 昭和20年8月6日。歴史に刻まれたこの日を、被爆した一家と周りの人々の日常から映し出す。

 重松(北村和夫)は通勤電車でピカ(原爆)を受ける。妻と姪とともに疎開し、その途中、広島市内を横断するシーンは圧巻だ。

 焼けた…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事