中川右介
著者のコラム一覧
中川右介

1960年東京生まれ、早大第二文学部卒業。出版社「アルファベータ」代表取締役編集長を経て、歴史に新しい光をあてる独自の執筆スタイルでクラシック音楽、歌舞伎、映画など幅広い分野で執筆活動を行っている。近著は「月9 101のラブストーリー」(幻冬舎新書)、「SMAPと平成」(朝日新書)など。

“敗北”のヒロインは「津軽海峡」と「ロシア」へ向かった

公開日: 更新日:
石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」と太田裕美の「さらばシベリア鉄道」

 阿久悠と松本隆に共通するのは、意志を持った女性、自立する女性を描いているという点だ。

 失恋しても、男にすがりついたり、泣きわめいたり、男を恨んだりする女性は登場しない。彼女たちはきっぱりと決別する。

 決別のため、阿…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る