大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

異例の1000日連続上映 映画「この世界の片隅に」が持つ力

公開日: 更新日:

 太平洋戦争下の広島・呉を舞台にした大ヒットアニメーション「この世界の片隅に」を覚えている人も多いだろう。さきにNHKの総合テレビで放映されたばかりだが、この作品が公開から2年半以上が経つのに、いまだに映画館で上映が続いているというのだ。

 本作は、2016年の11月12日から公開された。その日から数えて、この8月8日に1000日を迎えたが、その間、一度も映画館での上映が途切れなかったのである。あるベテランの興行関係者によれば、「このような長期間の上映は、国内の興行史上初めてではないか」と言う。

 この前代未聞の上映を支えた映画館がある。茨城県の土浦セントラルシネマズだ。17年2月18日から延々と上映を続けている。現在の上映は午前10時からの1回となったが、この映画館の頑張りがあったからこそ、公開初日からの上映が続行されてきたというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る