大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

異例の1000日連続上映 映画「この世界の片隅に」が持つ力

公開日: 更新日:

 太平洋戦争下の広島・呉を舞台にした大ヒットアニメーション「この世界の片隅に」を覚えている人も多いだろう。さきにNHKの総合テレビで放映されたばかりだが、この作品が公開から2年半以上が経つのに、いまだに映画館で上映が続いているというのだ。

 本作は、2016年の11月12日から公開された。その日から数えて、この8月8日に1000日を迎えたが、その間、一度も映画館での上映が途切れなかったのである。あるベテランの興行関係者によれば、「このような長期間の上映は、国内の興行史上初めてではないか」と言う。

 この前代未聞の上映を支えた映画館がある。茨城県の土浦セントラルシネマズだ。17年2月18日から延々と上映を続けている。現在の上映は午前10時からの1回となったが、この映画館の頑張りがあったからこそ、公開初日からの上映が続行されてきたというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る