書籍は200万部超え 衰えない樹木希林ブームと消えぬ存在感

公開日: 更新日:

 昨年9月の死去から1年、樹木希林(享年75)の人気は衰えないどころかいまだ上昇中だ。

 10月早々にドキュメンタリー映画が公開されるが、これは昨年放送された「NHKスペシャル“樹木希林”を生きる」に未公開映像を加えたもの。

 当時13.9%と視聴率が高かったことが映画化の理由だろうが、これは今年公開された複数の希林出演作のヒットも大きい。地方の映画館でも樹木希林と同年代の女性が列をなした。つまり「希林マニア」の多さを映画関係者がリサーチしたのではないか。

 書籍も売れ続けている。昨年12月に出された「一切なりゆき 樹木希林のことば」がランキング発表時点で120万部! 令和最初のベストセラーとなり、今年の上半期の第1位だが、他の「樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ」が上半期3位。関連本は計4冊が出され、合計200万部超えというからムーブメントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る