大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

“助け合い”アニメ「すみっコぐらし」が異例の大ヒット

公開日: 更新日:

 日本映画界に予想外の邦画ヒットが続いている。昨年は「カメラを止めるな!」があり、今年前半には「翔んで埼玉」があった。さらに年末も近くなって登場したのがアニメーションの「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」だ。

 100スクリーンそこそこの劇場マーケットながら、すでに興収6億円を超え、10億円突破が確実となった。この劇場規模で10億円を超えるのは並大抵のことではない。劇場数が少ないから、いわゆる1館ごとの動員密度が高い。10億円台のヒットアニメによくあるパターンだ。

 映画は「すみっコぐらし」というキャラクターから生まれた。点のような目、厚ぼったいくちびるで丸っこく、かわいい体形の生きものだ。部屋などの隅にいるのが好きだから、「すみっコぐらし」。映画ではえびふらいのしっぽやとんかつの脂身など“不遇な”すみっコぐらしが何体も登場し、ひとりぼっちの「ひよこ?」のために献身的に行動する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る