「ひとよ」白石和彌監督が激白 文化庁の助成金問題に反論

公開日: 更新日:

 白石和彌監督(44)の映画最新作「ひとよ」。DV夫を殺して15年後に家に戻ってきた母と戸惑う家族の物語だ。犯罪をモチーフに人間の根幹を描く白石監督に作品と文化庁からの助成金取り消し問題で揺れる現代映画界の問題点を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 本作は舞台が原作。なぜこの作品を映画化したのか?

「『凶悪』など、僕の作品に犯罪が多いのは、人間の本質が見えやすいからです。中でも加害者と被害者が同じ家族の中にいるところに惹かれました」

 母親役の田中裕子の熱演も話題だ。

「田中さんが決断されてこの作品は動きました。一度は断られたのですが、代わりが思いつかないので2年越しで待って。そこから他のキャスト陣も(オファーを)快諾してくれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る