なぜ人気?興収4億円超の映画「すみっコぐらし」実況中継

公開日: 更新日:

 社会現象とまでなった「ジョーカー」に続き、「IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」、そして「ターミネーター ニュー・フェイト」と洋画の話題作が次々と劇場を賑わせている現在。では、邦画の方はどうかというと、予想外のアニメ作品が注目を集めている。2週連続邦画ランキングでNo.1を獲得、口コミやSNSで高評価続出、Twitterトレンド入りも果たした「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」(アスミック・エース配給)だ。

■最終興収10億円も視野に

 上映2週目ですでに興行収入4億円を突破。なんでも、「アニメ作品の王道である春休みや夏休みを外した公開のタイミングからして、これは予想だにしない展開でダークホースといっても過言ではない。最終で10億円近くが見込める大健闘ぶり」(興行関係者)だというのだが、すみっコぐらしといえば、いわずと知れた大人気の「ゆるキャラ」コンテンツだ。当然、映画の方もほっこり癒やし系かと思いきや、どういうわけか世間では「逆詐欺映画」「大人も泣ける」と絶賛の声が数多く寄せられている。観てきたという人々のコメントはいずれも熱量の高いものばかりで、そんな作品の勢いに応えるかのように「新宿ピカデリー」(東京・新宿区)では先週13日には男性限定上映イベント、そして週末(16日、17日)には劇場の最大スクリーンであるシアター1での上映に打って出たのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る